So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

踏みにじられた初恋 [コミック(ハーレクイン)]

踏みにじられた初恋 (ハーレクインコミックス)
踏みにじられた初恋 (ハーレクインコミックス)
和澄ふさこ/スーザン・スティーヴンス

由緒ある館の相続人、ヒースが13年ぶりに故郷に帰ってきた。館の使用人の娘だったブロンテは、彼を待ち受けていた。ロンドンで成功したヒースは、荒れ果てた館を相続したものの売却を考えている…そんな噂を聞き、館を売らないよう懇願したかったのだ。ブロンテにとってヒースは初恋の人であり、館はふたりがともに勉強した思い出の場所だから。だが彼の態度は頑なで、冷たかった。ふたりの間に走る火花のような情熱の高ぶりさえも気づかぬふりをして…。

幼馴染ものなんだけど、紆余曲折合ったヒーローとヒロインの2人。恵まれなかった環境のために荒れた少年時代のヒースを救ったのはブロンテの伯父だった。ヒーバーズ・ギルという片田舎で更正をする生活。家政婦の娘ブロンテとすごし、読み書きを習い、地元の不良たちと喧嘩の日日。そして少年院へいき更正した彼は会社を興して社長になった。伯父が亡くなった後遺産として引き継いだのはあの更正の場所となった田舎の家だった。その家を売却しようとしているとしったブロンテが彼を待ち構えていた。
過去のことは過去のこととして忘れたいとして、それでも自分を更正させてくれて今の成功をおさめた人生をつかめたのは伯父のおかげだとわかっている。そして、その全ての場所にブロンテとの思い出があるくせに彼女を突き放そうとする。どこかで成長しきれないものがあって、過去に触れるのが嫌なのかなという感じ。一度も兄と思ったことはないという言葉でブロンテへの思いを自覚させられ、過去も今も自分の心が求めているものが変わらないということが解ったってことなのかなあ。
舞台が都会じゃなくて田舎の農場だったというところが、穏やかでゆっくりとした時間の流れがあって昔話が出来て…羨ましいシーンが一杯ありました。
和澄さんの作品を読むのはこれが初めてでした。あとがきにあるように、この作品は和澄さんの遺作となりました。訃報は当時衝撃的で、ハレ友さんたちがたくさん情報を流してくれていて知りました。亡くなられた当時が2015年。本が出版されたのが2016年。描きかけになった原稿をこうして書籍にしてだすのに尽力された方々に感謝をしたいとおもいます。
とても心に残る作品になりました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

恋の罠に落ちた伯爵 [コミック(バンブー)]

恋の罠に落ちた伯爵 (バンブーコミックス ラズベリーコレクション)
恋の罠に落ちた伯爵 (バンブーコミックス ラズベリーコレクション)
橋本多佳子/エリザベス・ソーントン

親を亡くし、貴族の付き添い役で生計を立てているエリーには賭博師“マダム・オーロラ”というもうひとつの顔がある。
ある夜、弟の借金返済のためオーロラに扮して賭博場を訪れたエリーは初恋の人ジャックに再会するが、彼はエリーと気付かずオーロラに心を奪われる。しかしその夜、エリーの滞在するホテルで盗難事件が起こり、疑いをかけられたエリーがアリバイのためジャックの名前を出したことによって、ジャックはエリーに結婚を申し込む羽目になり…!?

ヒストリカルと思いきや、けっこうな謎解き?
姉弟二人で人生を生きてきたエリーは弟の借金返済のために美しいオーロラという賭博師に変身して働いている。その賭博場へ初恋のジャックが現れ、放蕩者の彼はオーロラに一目ぼれしてしまう。しかし、舞踏会で彼にみつかりオーロラだとばれはするが、幼なじみであるエリーとは気づかずにアプローチされる。初恋の彼に誘惑され喜びを覚えるが、かつての思い出を持ち出し自分が牧師の娘エリーだと暴露してしまう。同じくして、弟のロビーはとある殺人事件に巻き込まれ、エリーの方も雇い主の貴族から首飾り盗難の犯人に仕立て上げられ窮地に。その日一緒にいたジャックに身の潔白を証明してもらうことになり、彼女は彼とともにイギリスに帰ることになってしまった。
ああやっぱりゴージャスな世界を描かせたら橋本さんは素晴らしいですねえ…。橋本さんのヒストリカル本当に即買い間違いなしです。
美しい女性に心惹かれるなんて当然の男性心理。ですが、ジャックにしたら、その妖艶な美女が昔なじみの妹のような存在のエリーだったことは、案外とほっとしたものであったのではと思いました。彼女たちの過去の話を聞いて自分がそばにいたらと思うのは、お世話になった先生への恩返しだけでなく彼女のことを気に入っていた証拠ですよね。美しく変身した彼女というのは、その頃にはもう彼の中ではオプションになっていたはずです。ストーリーとしてはとても面白く、ラブコメ要素たっぷりでよかったです。
いつもこの手の本はハーレクインでみつけるので、竹書房からこういう本が出ているのは知りませんでした。ちょっとチェックしてみようかなと思います。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ヤンキーショタとオタクおねえさん1 [コミック(ガンガン・GF)]

ヤンキーショタとオタクおねえさん(1) (ガンガンコミックスpixiv)
ヤンキーショタとオタクおねえさん(1) (ガンガンコミックスpixiv)
星海ユミ

可愛い絵だなーとピクシブコミックを読み始めた当時気にいって登録。本が出たので買ってきました。電子では全部読んでいなかったので、なるほどねーと納得。
年の差カップルラブコメが最近よく目につきますが、小学生とOLというのは個人的にあまりなく、しかもヤンキーショタ。
おたくでコミュ障ぎみのお姉さんになついたのは隣の家に引っ越してきたヤンキー少年。お姉さんは二次元ではこよなくショタ(少年)を愛している人だったので、リアルショタにおどおど。しかし、彼の方はなつくレベルを超えて、彼女に本当に恋をしているのでした。
ああああ、ドリームですね。
あからさまにトシバレはしてないのですが、私はこのショタという言葉がこの世界に生まれた頃から知っています。当時のことをおもえば、え、それは別に萌えないけど少年がかわいいのはわかる、という認識で。
まさかそれ以後にそこがベースでこの言葉が生まれるまではねえ…思ってませんでしたけど。(押入れを探せば当時の雑誌があるかもしれない件)
それはさておき。OLのかづ子は人知れず自分の趣味を満喫して潤っている人。そんなところに飛び込んできたリアルショタの龍桜(りゅうおう)くんは、彼女の優しさと穏やかさに惚れてしまった少年。もう少し時間が進まないとだめ事も沢山あるんだろうけど、今でしかできないワタワタなことをいっぱい見せてくれてマジに可愛らしい。
電子で読んでいた時は本を買うレベルにまで行ってなかったのですが、書店で見つけてどうしても欲しくなって買って大正解でした。これはもう…続巻を待ち望む一つになりました。
かづ子さんの思い出の少年が彼だとわかる日は来るのでしょうか…あっ(小声)これネタバレだったごめんw
タグ:星海ユミ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

小悪魔な幼なじみに、いただかれました。※ベッドの上で▼ [コミック(BUNKA)]

小悪魔な幼なじみに、いただかれました。※ベッドの上で▼ (ぶんか社コミックス Sgirl Selection)
小悪魔な幼なじみに、いただかれました。※ベッドの上で▼ (ぶんか社コミックス Sgirl Selection)
ゆめきよ

ジャンル買いしてきてしまってあちゃー(いえ!悪い意味ではありませんが、ちょっとびっくりした)
年下おさななじみのむつみくんと小学生の頃出会ってお姉ちゃんをしているちよこ。放任主義の親の代わりに姉弟のように時間を過ごすが、いつしか彼は彼女からはなれていってしまう。しかし、彼女が大学生の頃、ふたたび目の前に現れて小学生の頃と同じセリフを屈託のない笑顔とともに彼女に告げる。「チョコちゃんのおみそしるがのみたいな」それからずっと今に至るまでちよこは彼のいいお姉さんだった。でもその立場が苦しくなってしまった。
この本にはシリーズとしてお話3つ、短編一つと描き下ろしが収録されています。
表題作のついた作品はなくシリーズの名前という感じなのかな?(各々作品名がありますので)
チョコちゃんとむつみくんの作品ということになりますね。1つ目がちょっと内容を書いたもので、二人が恋人になるまでの話。次の作品が恋人になってからの甘々話。最後の作品はむつみくん目線のチョコちゃんへの恋心の話。いやこれがちょっとびっくりしたやつですけど、はあ、イケメンてそういう青春なの?みたいな…。まあ、漫画のイケメンではよくある話だけどさと納得しましたが…。見た目天使なぶん悪魔共存してるのかなあ見たいな感じも受ける部分ですけどね…。結局のところ、総評がむつみくんの純愛ということになるんですよね?はい!そういうことにします。願わくば、チョコちゃんの良さのエピがもう一つあればなあという感想です。
短編はオフィスものでS上司と部下の話になりますが、あーこれも人間関係にひとひねりあります。え、こういうの最近のはやりなの?…という感想になりました。あ、その人間関係の事に関してです。二人は最終的にラブラブですから。
ゆめきよさんの作品書籍で初読みです。表紙のおさななじみジャンルとむつみくんの絵がきれいだったので買いました。絵は好みなのでまた出会えば読もうかなと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

ブスに花束を。2 [コミック(エース・ドラゴン)]

ブスに花束を。 (2) (角川コミックス・エース)
ブスに花束を。 (2) (角川コミックス・エース)
作楽ロク

かなり楽しみなレベルで本を買っている作品です。2巻目です。
1巻で男子人気者1位の上野君とお近づきになり、順調に友達としての地位を確立していく田端さん。仲良し固定メンバーになりつつある女子人気者1位の鶯谷さんは田端さんに向けられる上野くんの視線が特別なものだと思ったようです。ところが、可愛さにおいては群を抜く彼女。負ける気なんてありませんが、悪い目は摘んでおくタイプのようです。田端さんに自分の女子力を見せつけて変な気を起こさないようにさせる作戦で二人で遊びに行くことに…。残念ながら、田端さんの意識はもっと低いのですけどね(笑)
裏表のない田端さんならではの行動が、きっと上野くんにはわかりやすくていいんではないでしょうか。平穏で田端さんの傍がなんとなく居心地がいいことに気が付いているんじゃないかなと思います。だから、彼女の自虐的な発言も素直に否定したのですが、きっとあれ、自分で自分の行動に混乱した一番最初のことだったのかな。彼自身もまだ彼女に向く気持ちがよくわかってないんですね。
今回は上野くんの弟や新橋くんがいいきっかけとなりハプニングもありますが、二人を近づけるきっかけになっています。この先、この二人はいい感じで上野くんと田端さんの仲を取り持つことになるのではないかなという気がします。(そうなってほしい)
それにしても、上野くん相当鈍感ですね。球技大会の時に起こったトラブルで落ち込んだのも結局田端さんと関われなくなることへの凹みだったわけですから、随分彼女といるのが楽しいんだなという感じです。弟に恋愛ポンコツと言われるくらいですから、この気持ちにはっきりとした名前が付くのはもっと先になるんですかねえ…楽しみなことですがもどかしいですね。3巻をお連れしに行きます。
タグ:作楽ロク
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック
前の5件 | -