So-net無料ブログ作成
検索選択

おはようから おやすみまで [コミック(花とゆめ・ララ)]

おはようから おやすみまで (花とゆめCOMICS)
おはようから おやすみまで (花とゆめCOMICS)
唐沢千晶

「田舎の結婚」を貸してくれたお友達がこれにスピンオフが載っているのでと貸してくれました。
表題の作品は、同僚たちに自慢し描いた夢の通りの人生の為に好条件だけで結婚をした朝見ちゃん。モルディブからの新婚旅行から帰ってきてたどり着いた一軒家は田舎の家でした。そして旦那さまのシンヤくんは高らかに宣言をするのです。「今日から僕は農家になります(満面笑み)仕事も辞めました!」
それを聞いてくずれさる朝見ちゃん。早々に離婚宣言!商社マンだから結婚したのにと暴言吐きまくり。言われたい放題言われてシンヤくんもさすがに切れました。二人は諸事情もあり1か月後に離婚するという事でカウントダウン夫婦生活を始めることになりました。
うん、友達が朝見ちゃんの性格が酷過ぎてダメと言っていたのが読み終わってから良くわかった(笑)
でも、おたがいに相手のことを良く見て結婚してなかったという部分に最後つながっていくところは良かったかなとも思う。シンヤくんも理想の女の子ってことで朝見ちゃんのことちゃんと見れてなかったんだよね。
朝見ちゃんが農家の嫁が嫌という理由がわかってなるほどと思ったけど、それとは別にちょっと歪んでる部分もあるなあと思って最後まで共感はできなかったキャラクターでした。
唐沢さんの作品ここまでで3冊読んできましたが、心の歩み寄りというか近くなっていく部分をとても丁寧に描かれる方だなと思いました。人の不器用さや臆病なところを染み入るようにいれてくるのはさすがです。
同時収録の田舎の結婚の話は先輩を追っかけてくる後輩ですよね?当て馬にされてますがそれはそれで良しとして、話の主役たちは倦怠期のカップルですが初心を思い返して自分も忘れていた思いやりを思い出すってところがよかったですね。
タグ:唐沢千晶
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 2

ヨッシー

んー、ちょっと違うかなー
朝見がお気楽結婚生活を目指して商社マンのシンヤと結婚したと大ぴらに言ってしまうのはいい気分はしませんが何となく理解できます。
だけど、シンヤが嫁に内緒で会社を辞めて農家になるっていうのは、結婚すること、夫婦になることの意味を理解していないただの自己満足なだけなので、朝見にキレる言い訳にはならないし、例え本当に好きで好きでたまらなくて結婚したんだとしても許せないです。
まぁ結局はどっちもどっちなんですけどね。
読んでて結局はお互いのどこに惹かれたのかが分からなくて、消化不良なお話でした。
by ヨッシー (2016-05-05 21:15) 

安都士

>ヨッシーさん
彼が勝手に仕事辞めたのは確かに許せないかな。

お互い任せで結婚生活を決めてしまっているのでこうなったんだろ?みたいな気持ちは読んでてなりましたね。

あと、彼が居れば何もいらないという言葉を鵜呑みにしていた旦那とか、新居をサプライズの為に場所も何も確認しないという嫁とか…普通に考えて全てにおいてあり得ない話ですね。
(ここだけの話、双方の親は何も助言しなかったのでしょうかと思いました(笑))

by 安都士 (2016-05-06 03:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0