So-net無料ブログ作成
検索選択
コミック(キング) ブログトップ
前の5件 | -

TAKE THE B STUDIO 完全版 [コミック(キング)]

TAKE THE B STUDIO 完全版 (ヤングキングコミックス)
TAKE THE B STUDIO 完全版 (ヤングキングコミックス)
伊藤明弘

伊藤さんの作品は以前よく読んでいたのですが、ここ数年情報が無くて新しい作品の本もジオブリーダーズも途中で読むのを止めてしまっていたので、出版関係もさっぱりわかりませんでしたが、この作品を偶然見つけて…?これ同人誌でかかれたやつ?とかおもって手に取りました。
内容はアメコミっぽい視覚で展開するスピード感あふれる作品の1冊でした。私が伊藤さんの作品にはまったころのような雰囲気で一気に読んでしまいました。(私がはまったころの作品というのはベルスターのころです)
ヒロインがガンアクションとロボットアクションの中で人間らしい肉体的なアクションを繰り広げるのが対照的でとても見ごたえがあります。ああ…こういうのを血沸き肉躍るっているのよねと実感できる作品です。かというと、すごく明暗、静動を取り入れた部分で読み手に考えさせてくれる余裕を見せてくれるところが後になって響く部分ですごく素敵に感じるところです。ラストの作品って特に最後のオチがあれで…あのオチであることによって閉鎖的なところからぞくっとするほどの荒野へ連れて行かれる感覚になる。
タグ:伊藤明弘
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

成城紅茶館の事情 [コミック(キング)]

成城紅茶館の事情 (ヤングキングコミックス)
成城紅茶館の事情 (ヤングキングコミックス)
スエカネクミコ

とある書店で偶然見つけたこの本。基本始めて読む作家さんの本は1冊完結ものにてを出すのですが、、まず背表紙の題名、そして手にとって表紙。出版社を確認してジャンルを想像。最後は中身を確認です。ハイ…確認作業はとても大切です。
題名を見て「カフェもの?」と思い、表紙の巨乳のオンナノコを見て「恋愛もの?」「絵が綺麗」「イケメン」と思って中身確認………えーと、説明がつきません(笑)なんでこんなにもみんな変態さんばかりなのでしょうか…いえその方が面白いってどう言うことみたいな(笑)私にはツボ過ぎる設定のキャラ達が日常の平凡を超非凡にしているお話がそこでは展開していました。
「ある紅茶を飲むとその人の望みが叶う~」というのがすべてのキーワードで、要素的には女体変化、BL、魔法(?)なんやろうか…(汗)本筋が分からない感じでラストまでキャラの個性が激走したまま終わります。ストーリーはほぼありません。主人公の高校生が好きな女の子が同性愛だったので紅茶を飲んだら巨乳の女性に変身してしまい両想い(?)に…と言った感じです。私はジャンルとしてはぜんぜん読めるものだったので「面白い」と思ってしまいましたが、個人差があると思います。
スエカネさんの絵柄はとても綺麗で、少年雑誌(青年雑誌?)に掲載されていたとは最初思えませんでした。(はっきりいって巨乳のお姉さんがいなければBL雑誌でも十分いけたネタだったと思います)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

エクセル・サーガ [コミック(キング)]

エクセル・サーガ 1 (ヤングキングコミックス)
エクセル・サーガ 1 (ヤングキングコミックス)
六道神士

すんごい懐かしくて涙出た(うるる)
いや、凄くはまっていたエクセル・サーガを手放さざるを得なかった色々なあのころが走馬灯の様に巡りましたよ…。
感想を書くに当たって、なんせ8巻くらいに読むのをあきらめたのですが、この作品の素晴らしさは「マイベストヒット」のランキングに必ず入れています。ジャンルは「ハイセンスギャグ」。
(いつかその辺りのことも別個で書きたいと原稿は用意しているのですが、なかなか落ちついて文章が書けなくて…まとまりません)
今回このエクセル・サーガもおぼろげになった記憶をよみがえらせる為に、さっきウィキを読んで復習して来ました。

世界征服を目論む理想推進機関「アクロス」でイルパラッツオに忠誠を誓うエクセルとハイアット。市街征服を目論んで任務大失敗を繰り返すパロディギャグが炸裂する作品。

読んでいた当時、それはもうこのノリに洗脳されてしまっていて、オタ友人との間の会話で何度となく「吐血」という言葉を使いまくっていた事を思い出しました。たぶん、健康体であった私は病気に憧れていたのかもしれません。なんて不謹慎な…。(でも、健康保険や有休を頻繁に使えず、病気になったらもっと使えると思いこむほど病んでいたとも言います)単純にハイアットに毒されていたのかもしれません。それほど、この作品でのお気に入りキャラは彼女でしたからv個性的なキャラが多く出てきて、それの元ネタがなぜかほとんど解ると言うのも面白かったですね。
アニメ化される前後ぐらいで読むのをあきらめたので、今また凄く読みたい気持ちにかられています…。(非常にヤバイ)アニメ化の声優さんがあまりにもゴージャスだったので、アニメのほうも見てみたいなあ…。
エクセルがまさか三石琴乃さんとは…知りませんでした!!!!(滝涙)渡辺と岩田が置鮎&森久保さんというのにものけぞりました。ひーーぜひみたい。(五条が井上和彦さんというのにそれこそ吐血しそうになりました)
あの頃の私なんでこの本売ってしまったんでしょうか…。思い出せません。

↓8巻までの記憶があるので、ここまではよんでたんでしょうねえ。
エクセル・サーガ 2 (ヤングキングコミックス)エクセル・サーガ 3 (ヤングキングコミックス)エクセル・サーガ 4 (ヤングキングコミックス)エクセル・サーガ 5 (ヤングキングコミックス)エクセル・サーガ 6 (ヤングキングコミックス)エクセル・サーガ 7 (ヤングキングコミックス)エクセル・サーガ 8 (ヤングキングコミックス)


私立戦隊ダイテンジン―六道神士初期作品集 (ダイトコミックス)

私立戦隊ダイテンジン―六道神士初期作品集 (ダイトコミックス)

  • 作者: 六道 神士
  • 出版社/メーカー: 大都社
  • 発売日: 2001/04
  • メディア: コミック

タグ:六道神士
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

空からこぼれた物語 [コミック(キング)]

空からこぼれた物語 (ヤングキングコミックス)
空からこぼれた物語 (ヤングキングコミックス)
大石まさる

この本は、すごくお勧めです。
特に書いておきたいのは、冒頭に掲載されているお話です。
綺麗な水彩画の漫画で、ページはとても短く、キャラクターもあまりしゃべっていませんが、このかたの画力が素晴らしいことに短編映画かCMを見ているような気持ちになるお話です。セリフも少ないため、彼らには名前もありません。浜辺にテントをはった旅人は、土地の少女にとっては好奇心の対象でした。飴をきっかけに、少女は彼にはなしかけ自分のとっておきの場所に招待してあげます。
「明日も海にいる?」
しかし、次の日無情にも旅人は次の場所へ旅立っていきました。テントをはっていた砂浜には「サヨナラ」と書き、少女が来ることを思ってか綺麗な石が詰められた小袋がそこにおいてありました。この二人には恋愛感情とかそんなものは全然関係ない次元で、惹かれるものを感じます。ぜひ、この作品をその目で見ていただきたいと思います。この作品を見て、私はこのコミックスを買おうと思ったんです。
タグ:大石まさる
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

泥棒猫 全3巻 [コミック(キング)]

泥棒猫 1 (ヤングキングコミックス)
泥棒猫 1 (ヤングキングコミックス)
泥棒猫 2 (ヤングキングコミックス)
泥棒猫 3 (ヤングキングコミックス)
大石まさる

可愛らしい絵柄できれいな水彩塗りの色彩を使われる大石まさる氏の作品。
大石氏の作品は、短編集のほうにもかなりお気に入りがあるのですが、この「泥棒猫」っていうのは猫をひと型に描いてあるおはなしなんです。まあ、往年の作品で「名探偵ホームズ」をご存知のかたなら説明はしやすいです。
あんな感じ。ホームズはいぬですけどね(笑)
マックは、いつも新聞をにぎわせている泥棒の天才。とあるお仕事でユーリと出会います。彼女は某機関で秘密にお仕事をするスパイでした。「このままでいいのかな…」彼女は転職を考えていたのです。
そんな時に、マックに出会い、彼女はマックに付いて行くことにします。転職先は「怪盗」でした。(笑)
このお話から、なぜかマックがユーリの住まいに転がり込み、マックのせいで家が焼け出され二人のテント暮らしが始まります。お互いを必要としているということに全く気が付いていなくて、居るのが当たり前の存在で。喧嘩ばかりで。
全体的にかわいらしくのほほんとストーリーが展開して行くので、この二人の本音は、最終回まではっきりしなかったのです。ただ、途中で連載期間が短縮されてしまって、作家さん本人もかなり残念がられてたのです。読み手だってかなりその後のふたりのことが気になったのですけどねえ…。続きが描かれないか気になります。
タグ:大石まさる
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
前の5件 | - コミック(キング) ブログトップ