So-net無料ブログ作成
検索選択
コミック(ジャンプ) ブログトップ
前の5件 | -

ショッキングBOY [コミック(ジャンプ)]

ショッキングBOY 1 (ジャンプコミックス)
ショッキングBOY 1 (ジャンプコミックス)
雨宮淳

雨宮さんといえば成年向けの美少女漫画。作品はあまり読んだことはないのですが、そのお名前はなぜかよく存じ上げておりました。だから、ジャンプでこの方の連載が始まった時にへ~と思ってしまいました。まさか少年漫画雑誌で描かれると思ってなかったので…。
実際は雑誌の方は読まずに単行本になった時にだけ読んでいたので、ラストまではこれまた到達してなかったりします。

夢で見た女体を探すという途方もない始まりで、まさかのテニス漫画。さわやか路線で描くのかと思ったらやっぱりセクシー路線でした(笑)その女体にあるあざを探すとかいうもので、そんなん女の子を裸にしないとわからないじゃないの!!というツッコミが絶対入るし。
それにしても魅力的な可愛い女の子が一杯出てくる作品だったと記憶しています。はたして、見つかったのかな…。

さっき気になってネット検索をしたら、EXとかさらに続編が出ていたようですね。
まんだらけで見つけたことがあったんですが、かってみるべきでしたかねえ…。


タグ:雨宮淳
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

シティーハンター [コミック(ジャンプ)]

シティーハンター (第1巻) (ジャンプ・コミックス)
シティーハンター (第1巻) (ジャンプ・コミックス)
北条 司

ジャンプで連載されていて、アニメにも映画(?)にもなり、今また新たに続編が連載されていると言う北条司氏の名作。その当時、かなりはまって全巻古本屋で揃えた。
(古本屋かい!)
誰にも本気になら無いシティーハンターの撩。その親友槙村の妹香。このびみょ~な関係が、延々と続くお話はそれはそれは毎回ほろりとしたものです。今はもう、本はお友達に上げちゃって無いのですけど。
(てゆーか、古本屋では出版数がおおいコミックスは引き取りがほとんど無いんだよね)
いつしか強い絆で結ばれてゆく二人の行く末に翻弄された私ですが…。実は実は、そのマンガの結末によしとせず、SSをかいてらっしゃるHPが結構あるのですよ~(ぶらぼう~)
それも、ちゃんとした事件モノから甘甘モノから、じゅ、十八禁まで(きゃー!)
(何故にそんなに興奮している私…:謎)
いや、マジにいい話が一杯あるんですってば。
続編そっちのけで、それを読むもよし。続編は、なんか切ないしな。私的に。

タグ:北条司
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

BASTARD!! [コミック(ジャンプ)]

BASTARD!! 1 (ジャンプコミックス)
BASTARD!! 1 (ジャンプコミックス)
萩原一至

萩原一至氏のマンガ…これ、まだ続いてマスか?読むのは実際止めてしまったので解らないんですけれど。マンガも古本屋で引き取ってもらえなかったので、おともだちにあげちゃいました。
えっとですね。このマンガ、当初のキャラがいのまたむつみ氏の絵のようでお気に入りだったんですけど、回が進むごとにえらく宗教チックになっちゃって、絵も結構恐い展開…てか、グロイ展開?…わからなくなっちゃったんですね。
それでも、主人公のダークシュナイダーとヨーコの関係が可愛らしくて…。(いや…そのヨリシロであるるーしぇがヨーコと幼なじみ関係というのも、最初のツボで)エッチな部分を差し引いても、「よっしゃ♪」って感じだったのです。(トーンの上手な使いかた~の勉強には非常になるマンガです)
それはさておき。
誰にも負けない魔術師が、たった一人の少女には歯向えないっていう、そういうウィークポイントがよかったんですよね。ええ。彼女の為に立ち向かうとか言うあたりも…。でも、読むのに疲れてしまったんだよな。キャラ多いし、第一横文字の長い名前が覚えられない私にはクリティカルだったよな…アレは。(弱笑)

当時あんまりにも好き過ぎてオリジナルのCDとかも買ったのがまだあります。
ダークシュナイダーの声を矢尾一樹さんがやっているというだけで、当時どんだけはまっていたかが解りますよ…。
あと、関俊彦さんの「ふえはおどる」なんて…いまもうこのネタ知らない人が多いんだろうなあ…。

バスタード!!~暗黒の破壊神

バスタード!!~暗黒の破壊神

  • アーティスト: ビデオ・サントラ
  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • 発売日: 1992/11/25
  • メディア: CD

タグ:萩原一至
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ファイアーエムブレム覇者の剣 [コミック(ジャンプ)]

ファイアーエムブレム‾覇者の剣1 (ジャンプコミックス)
ファイアーエムブレム‾覇者の剣1 (ジャンプコミックス)
井沢ひろし/山田孝太郎

ゲームのファイアーエムブレムシリーズは、ドラクエよりもFFよりもすきなゲームシリーズで、ほぼプレイして来ていたゲームでした。ジャンプで連載が始まった当時はまだ知らなくて、コミックになってから書店で見つけて即買いしました。実は、ソフトの時代どおりにやろうと思って「烈火の剣」を先にプレイしていて、「封印の剣」は初期の段階でとまったままだった私。「覇者の剣」はその「封印の剣」とストーリーリンクが組まれていながら、ゲームには全くでてこないキャラたちがメインのお話だったのです。おきにいりの封印のキャラが登場したりして面白かったので3巻くらいまで買っていたんですが、やはりゲームをクリアしていない部分が気になってクリアしてから読もうと思って後半未読のままです。(今現在に至るも封印は未クリアである…orz)
山田さんの絵柄はとてもファイアーエムブレムの世界とマッチしていて、私の好きな絵柄でもありました。色づかいとかも丁寧でいいなあとv
ゲームをする時間がすっかりなくなってしまったためにこの本との関連も消えてしまったわけですが、なんとかまた時間をつくってゲームクリアと完読を目指したいなと思います…。

この辺りは全部読んでたけどなあ…
ファイアーエムブレム~覇者の剣 2 (ジャンプコミックス)ファイアーエムブレム~覇者の剣 3 (ジャンプコミックス)ファイアーエムブレム~覇者の剣 4 (ジャンプコミックス)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

メビウスギア [コミック(ジャンプ)]

メビウスギア 1 (ヤングジャンプコミックス)
メビウスギア 1 (ヤングジャンプコミックス)
六道神士/井上敏樹

先日、エクセルサーガが今どうなっているのかなあと気まぐれに検索したところ、この作品を見つけました。なかなか面白そうなので速攻行って読んで来ました。読んで…きました。
いえ、当初はちゃんと買う予定だったのです。でも、六道さんの作品だし下見しないで買うのは怖いなと(爆)ということで下見をしに行ったのです。し…下見…行ってよかった(涙)

「マシーネ」という奇怪な物。それを操りそれを狩る一族の長・真里亜。彼女と出会ってしまったマシーネと因縁がある静馬。。。二人は協力し合い事件を解決していく。

本をあけてしょっぱならからのエログロな描写に思わず一度本を閉じた私です。私何がダメってホラーな話がそれはもう鬼門で、かつて「鋼の錬金術師」の母親再生のシーンで真剣泣きそうになってしまった過去があります。エロはともかくグロは勘弁して…(涙)夢に出てくるかもと思ってしまいました。
でも「カドルヴェイン」も頑張って読めたんだし、今なら読めるかもと思って再度本を開くと思いもよらないラブコメな学園生活がはじまってちょっとひと安心…できませんでした描写がまたきた!!!何度となく裏切られながらもさらっと3巻まで読んでしまいました。ひー確認して本当によかった。
ストーリーは大変面白く思いました。マシーネという存在の謎や真里亜と静馬の因縁などこれから紐解かれるというラスト4巻目がなかったことが残念なくらいに!!!(買えばいい←出版社代理つっこみ)
六道さん絵が上手いだけにその描写がリアル過ぎて…グロはグロだけは…やっぱダメだた。
(なのに、まだ4巻目が大変きになっている私…orz)

(補足)
グロがダメというくせに、なぜ八房龍之助さんの作品はいけたのが自分自身の謎だったりします…。絵柄かなあ…。

メビウスギア 2 (ヤングジャンプコミックス)メビウスギア 3 (ヤングジャンプコミックス)

↓どっかにおいてないかしらねえ…
メビウスギア 4 (ヤングジャンプコミックス)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
前の5件 | - コミック(ジャンプ) ブログトップ