So-net無料ブログ作成
検索選択
コミック(フラワー) ブログトップ
前の5件 | -

朝までキミと [コミック(フラワー)]

朝までキミと (フラワーコミックスアルファ)
朝までキミと (フラワーコミックスアルファ)
山田こもも

お友達からお借りした本。たしか、山田さんの本って以前1作品読んでちょっと肌に合わなかったとか記事にさせていただいたのでしたが…。うーん、今回の作品を読んでそれが設定によるものだということがわかりました。当時の私は対教師の恋愛ものに対して嫌悪感があったので…たぶんそれのせいです。
今回のこの本も、いわば講師と教え子なんですが、舞台は大学で大人な感じでさらに講師の桐谷には一緒に住んでいる明ちゃんというかわいい幼女がいるという設定。あれれっという感じに読めて、引き込まれました。
実穂ちゃんの素直な気持ちがかわいらしくて、自分が母子家庭に育っているからこそ明ちゃんのさびしい気持ちを理解できるところとか、桐谷に真正面からぶつかっていくとことかとてもいいです。
また、桐谷先生も学校と明ちゃんの前での様子のギャップがかわいらしく、これは実穂ちゃんでなくても落ちるのではという感じ…。二人って似たものですよね。好きなの?ってあたりからもう可愛らしくて設定云々が吹っ飛びました(笑)
後日話や描き下ろしでその後が飛び飛びで入っているのもほほえましかったです。明ちゃんはおませさんですから、彼女の恋愛した話も読んでみたいなって気になりましたけど…ないのかなあ?
タグ:山田こもも
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

オトナの恋はこじらせる [コミック(フラワー)]

オトナの恋はこじらせる (フラワーコミックスアルファ)
オトナの恋はこじらせる (フラワーコミックスアルファ)
安タケコ

安さんの最新作ゲット
シェアハウスに住むことになった真理はそこで驚きの人と出会う。同じ会社で憧れのひと、でもこの間同じ苗字違いの人へ送るはずだったラインで告ってしまった相手平田さん。真理はその外見から遊んでいるように思われているが、性格や素行はその真逆。平田はそれを鵜呑みにして真理を振ってしまった。嫌われていることを知って彼の邪魔にならないよう頑張る真理ちゃんでしたが…。
まりりん可愛い…見た目のギャップはさておき、相手を思うあまり挙動不審の連続。これにはギャップ萌えの平田さんもついほだされてしまうというか…。いいね、安さんのこの展開大好き。
表題作は三部連載で当て馬君がでてくるけど、彼もそんなにいやな人に描かれてないし、自分の感情暴走させる平田さんがかわいいなあ~ですよ読み手としては。せっかくのシェアハウスの面々が最後に出てきて終わりはちょっとさびしかったなあと思いました。これ続編ってかかれる予定ないんですか?
二人が恋人になった後のシェアハウスも描いてほしいですね。
同時収録の作品はキャバ嬢と元キャバ嬢がヒロインなんだけどどっちもいいんですよねえ…。ドロドロしてなくてこっそり純愛で(笑)
安さんのコミックって作品の後日話があとがきについてくるのがとてもいいです。
これずっとやっててほしいなあ…。
タグ:安タケコ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

恋愛バカ上等 [コミック(フラワー)]

恋愛バカ上等 (フラワーコミックスアルファ)
恋愛バカ上等 (フラワーコミックスアルファ)
安タケコ

元ヤンの徹子はかつての仲間の虎仁に振られたと思い彼の前から姿を消して5年。同じ会社で仕事をしている彼に再開してびっくり。お互い過去を清算したように初めてであった顔で仕事のペアを任される…
復活ものというよりは再燃もの。高校生時代の二人は明らか好きあってたのに、それがあることからこじれてしまった。うん、これはでも状況的に徹子に感情移入する。卒業間際だしな…虎が一泊おかずにいたらよかったのかというと、そうでもない。彼には好かれている自信があったし…。ほんとにタイミングなのだなと…。
それにしても、気持ちの良いくらいに腹黒い金子嬢。もう少し暗躍してくれるのかとおもったら、普通に腹黒の金持ちお嬢様だったから根はかわいい人だった。救いだし、このキャラを嫌いになり切れなかったのがよかった。遠回りしても結ばれる運命があって、今も虎が徹子一筋なのがラストで見れたのもよかった。この本、安さんの初コミックらしいがこれ最初にはまってたら第二の椎葉ナナさんになってたかもしれない…(椎葉ナナさんは初コミックで出会って以降すべての作品がお気に入りという漫画家さんなので)
同時収録の作品もじわじわくるいいお話でした。課長とのセフレからのお話はいつもなら拒否反応出る位置の話なんだけど、珍しくほんわかとしてしまったのは課長の性格のおかげかもしれないな。
一番キュンキュンきてしまったのは描き下ろしのお話なんだけどねえ…虎がかわいすぎた
タグ:安タケコ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

絶望ベイビー 全2巻 [コミック(フラワー)]

絶望ベイビー 1 (フラワーコミックス)
絶望ベイビー 1 (フラワーコミックス)
桜田雛

全二巻なら読もうかなと思って買った本。実は桜田さんの本は初めて買いました。
きれいな絵なので前から興味はあったんですが、いかんせん作品内容が私の好みとはちょいと路線が外れていて、読むのが辛い系?(んだそれ?)
だったんですが、これはコメディっぽいのでありかと。
さて、世の中の隅っこでひっそりと生きているような少女に恋をした大金持ちのド派手な少年。それがもうアプローチの末カップルになるというお話です…よね?(あれ?はしょりすぎ?)
きれいな絵柄なのに、時折入るおちゃめな絵がかなりのツボで、一気に引き込まれたわけです。ああ…内容によっては近い感性を感じるです桜田さんの作品。
香澄ちゃんがどんどんと自分を出せるようになって、それによって可愛く魅力的になって行って、十分滝千くんとつりあっていけてるのがかわいいなあと。そうなってくると、彼の方がいろいろすごいのだろうけど、恋愛精神年齢が小学生みたいな感じでそれはそれでもうかわいらしいかと(笑)そういうほうがほっとしますし(え)
1巻に同時収録されてる作品が、ちょっと苦手なんですが「レモンきねん」は可愛くて好きです

絶望ベイビー 2 (フラワーコミックス)
絶望ベイビー 2 (フラワーコミックス)

タグ:桜田雛
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

真夜中エクスプレス [コミック(フラワー)]

真夜中エクスプレス (フラワーコミックス)
真夜中エクスプレス (フラワーコミックス)
八寿子

初期のコミックでこれで手に入っていないのは「やくそく」「たとえこの花が咲かなくても」の二作品になったな…。ずっとこの本読みたくて探していた。
収録されている作品はバラエティに富んでいる。
ファンタジー、謎解き、そしてラストに入ってるのは今も受け継がれている八寿子さんらしいコメディ。
表題作は銀河鉄道の夜がベースかと思われる作品だけど、それとはまた違った不思議な物語。ファンタジーというくくりでいいとおもう。二人の心がちゃんとつながった状態で居ることが戻ってこれた理由なのかなと…。銀河鉄道の夜を思い返しながら、じゃあ、カムパネルラはそうじゃなかったのか?などと思いつつ、なかなかに深読みさせてくれる作品だなと思いました。
「月曜日は秘密のロマンス」実はこの本の中で一番好きな作品。
これのシークレットキーは、いま連載されている「そんな未来は~」に通じるものだったりする。
このキーワードが後半見え隠れするたびに読み手は背中やわき腹をくすぐられる感覚を随所に感じながら、ああ…ほんとの恋に気が付く瞬間ってこれよねと思ったりもするのね。
十代にそういうきれいな感覚を持てる恋愛をしたら幸せよね。やはり、人と足並みそろえるというよりは、自分のペースで心の問題は処理した方がいいと今になって思いますよ。
周りにおどらされないよになと…たまに助言したくなるようなカップルいますしな。
デイドリーマーは…ほんとにほっとするラストだった。八寿子さんこの手はこのころからいい味を出す人だったんですね…。この作品も読みごたえがすごくあります。
タグ:八寿子
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
前の5件 | - コミック(フラワー) ブログトップ