So-net無料ブログ作成
検索選択
小説(ハーレクイン) ブログトップ
前の5件 | -

ふたりだけの同窓会 [小説(ハーレクイン)]

ふたりだけの同窓会 (シルエット・ロマンス)
リナ・マッケイ

10年ぶりに高校の同窓会に出席したトリシャは、みんなの注目の的だった。なにしろ、高校時代、太っていて、地味で、いつも物陰にばかり隠れていたトリシャが27キロも減量し、美しく変身していたのだから。今、彼女はハワイで、ギフトショップの経営とモデルをするまさに成功した女性に成長していた。が、トリシャのなかにはまだ、高校時代に受けた心の傷が残っていた。ハンサムで、スポーツマンで、女の子の憧れだったコーディにクジラと呼ばれ、レポート提出のためだけにデートを申しこまれ裏切られ、恥をかかされた記憶が…。10年ぶりに見たコーディは、相変わらずバイクに乗り、憎らしいほど、魅力的。トリシャは自分に言い聞かせた。再び彼を好きになってはだめよ、と。

過去太っていた女性が美しくなって自信をもち、過去にあこがれていた男性と恋に落ちる…。ハーレクインではよくあるパターンですが、この設定結構好きなので選んで読んでいたりします。この本お友達から譲ってもらったか、自分で買ったかちょっと記憶にないのですが積んでいる本の中にあったので買ってきたのかな?
トリシャは過去にあこがれていた彼が美しくなった自分に対して興味を持ったことが素直に嬉しかったのだけど、過去の自分を繰り返しそうで彼に恋することはやめようとやめようとしてしまいます。それでも、やっぱり好きだった人ってやっぱり好きだった人なのかなあ…。コーディは遊び人だった割にはちゃんと彼女に当時したひどい仕打ちをおぼえていて罪悪感を持っていたという部分が、結局彼女にまた恋の火種をあげてしまったんですよね。酷い男のままならあしらって帰るだけだったのに。
それにしても、このお話。割と情熱的なシーンがないわけではないのですが二人が結ばれることはありません。いわゆる寸止めみたいな感じがあって、それがトリシャがコーディに仕掛けた策略(親友の危機を救うために彼にある高額物件を買わせる)と平行に話が進み、うまいぐあいにイライラさせてくれます。
コーディと親しくするのは物件を買ってもらうためと自分に言い訳をするトリシャ。本気で自分を愛し始めたコーディに気が付きながら罪悪感を感じながら…。そしてまた、自分も彼を本当に愛し始めてしまい彼の誘いに乗ってしまいそうになるトリシャ。ラストの強気な彼女は素敵だと思いました。自分が何が嫌なのかということがちゃんと男性に伝えられる女性って自分に自信がないとなかなか言えませんけどね。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

宿命の舞踏会 [小説(ハーレクイン)]

宿命の舞踏会 (ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル)
宿命の舞踏会 (ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル)
シルヴィア・アンドルー

社交シーズンのある日、ウィンターセット卿は丘の上で少年の変装をしたセリーナという美しい女性と出会った。何度か一緒に遠乗りに出かけるうち心を奪われ、いずれ舞踏会でドレス姿の彼女と会える日を楽しみにしていた。数週間後、ウィンターセット卿は出席した舞踏会場に十三年間待ち続けていた宿敵が現れたと聞き、燃え上がる復讐心に胸を引き裂かれた。弟を翻弄し死に追い込んだ女とは、いったいどんな妖婦なのだ?琥珀色のドレス姿で男性客の注目を一身に浴びるその人物を見て、彼は言葉を失った。

シルヴィアさんの作品はコミックスでいくつか読んでファンになりました。いいですよね~ヒストリカル。この作品も大変面白かったので一気に読んでしまいました。男勝りなヒロインの魅力にメロメロになる偏屈ヒーロー(笑)傲慢というべきなのかもしれませんが、この時代の男性はこうなるよう育てられている人もおおいんでしょうねえ。
複雑な人間関係と嘘と家族の名誉を守るためにたくさん傷つけられてきたセリーナ。その彼女を憎みながら生きてきたジェームズ(ウィンターセット卿)が彼女の名前を聞いて態度を変えても仕方ないのかな…。でも、あの嘘は酷過ぎましたからね…。沢山の人を傷つけ人生を狂わせ、生まれた子供の人生も狂わせようとした。本当に自分のことしか考えない最低の女性でしたねあの母親は。
シルヴィアさんの作品には男勝りな女性、自分勝手な女性、傲慢な融通の利かない男性、卑劣な悪漢などさまざまな人の役割がはっきりしていて面白いです。原作のヒストリカルは本自体が分厚いしなかなか読めないかと思っていたんですが、すごく一気に読めてしまいましたので、コミックではいろいろ読んでいますが原作の方をもっといろいろな本を探して読んでみようかと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

初恋物語 [小説(ハーレクイン)]

初恋物語 (ハーレクイン文庫)
アネット・ブロードリック

橋本多佳子さんの作画でコミックス化された作品で、実はそれを読んでいないのですがお友達にこの本を譲っていただけると聞いて飛びついてしまいました。
題名はこんなに可愛らしいのに内容は元サヤみたいなお話です。

スーザンの憧れの幼なじみトニー。かれはプロ野球選手としての才能を見出され彼女のもとを離れたが、二人は結婚を誓い合い結ばれた。トニーは21歳、スーザンはそのとき17歳だった。その後に二人は全く連絡を取り合うことができなくなり彼女は妊娠したことを告げられなくなっていた。二人のもう一人の幼なじみミカエルはスーザンに愛情はなかったものの窮地を救う為に彼女にプロポーズして結婚をする。時は流れ、スーザンは弁護士で生計をたて、生まれた子供スティーブは野球が大好きな10才になっていた。音楽家になっていたミカエルは病気で亡くなり、2人だけの忙しい毎日。そんなときに、プロ野球選手として大成功し名をあげたトニーが彼女の前に現れる。

いろいろな障害がかれと彼女の回りで起こったために、本来結ばれるべき二人が長い道のりをかけて1つの家族を作るお話。こうしてみたら身分差別って親が大変キツイものもってますよね。今回の場合はスーザンの母親の傲慢な娘への愛が結果的には彼女を傷つけ(この場合ミカエルも傷つけられたのかな?いや…スーザンはミカエルは変人みたいな発言してたけど…?)トニーの母親の思いやりが裏目に出て、発言権のない父親の傍観ぶりが2人にとって大きな障害になってしまいました…。
私は最初諸処の理由を聞いてもトニーが好きになれず、彼女を幸せに出きるのは自分しかないと思いこんでの行動をしはじめる部分からもっと嫌いになってしまいました(笑)いや…なんというか、スーザンの頑なな部分、私と性格的に似てるから感情がリンクしたのかもしれません。ダメなものはダメという拒否り方がそっくり(笑)
だから、彼女の生活にずかずか入りこんでくる来方がそれはもうカンに触りって途中で一度読むのを止めました。期間を置いて読み始めてラストだったのですが、ラストの2人のセリフに時代を感じました。
スーザン33で年増…4人目は無理って…(爆)

↓残念ながら画像はありませんでした。見つけたらぜひ読んでみたいものです。
初恋物語 (エメラルドコミックス ハーレクインシリーズ)
橋本多佳子・アネット・ブロードリック
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

イブの憂鬱 [小説(ハーレクイン)]

聖なる夜に口づけを (ハーレクイン・スポットライト)
聖なる夜に口づけを (ハーレクイン・スポットライト)
リアン・バンクス/ビバリー・バートン

(2作を1冊に収録している為に、1作づつ感想書いてます。)

「イブの憂鬱」リアン・バンクス
小学校教師のエイミーはクリスマスと休暇を前にして自宅が火事にあってしまった。途方に暮れる彼女に泊まる場所を勧めた友人のデボラは、自分の兄ルーカスの家を指定した。彼は妻と死別したあと独身で女性に見向きもせず暮らしているという。泊めてくれるお礼に、エイミーは一年で一番大好きなクリスマスをルーカスにも満喫させてあげるというが、彼は妻の死後クリスマスも女性にも関心を捨ててしまっていた。

えっと。この1冊に収録されている作品、2作とも女性が結構最初から酷い目に…。(汗)
クリスマスに家を焼け出され、同居人のネコを連れて気難しいセクシーな独身男性と過ごすことになったエイミー。以前にもこういう天使のような女性が愛することを拒否してしまった男性の心を救いだす作品をよみました。ハーレクインの女性はそのほとんどが彼女のような不屈の精神を持った天使なんですねえ。
そしてエイミーも本当に魅力的。ルーカスが自分に対して欲望を持っている、愛しているを認めたがらない後向きな気もちをがっつりつかまえて前を向かせて思い知らせることが出きるんですからね。ああ~私もこういうことが出来る女性を目指すべきだわ…。
このお話コミック化にするなら三浦浩子さんかなあ…。
なんかイメージがそんな感じに途中から思ってしまって読んでました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

聖なる夜に口づけを(狼たちの休息ⅩⅥ) [小説(ハーレクイン)]

聖なる夜に口づけを (ハーレクイン・スポットライト)
聖なる夜に口づけを (ハーレクイン・スポットライト)
リアン・バンクス/ビバリー・バートン

季節ものを無視する私。あまり気にせず暑い時に寒い時期の話を読んだりします。
元々この本は、リアンの作品を集めていてお友達が収集してきてくれたものの1冊です。1冊に2人の作家さんのお話が収録されているという1冊。いっぺんに2作の感想を書くのは勿体無いので2日にわけて感想書きたいと思います。

「聖なる夜に口づけを」ビバリー・バートン
フェイスはクリスマスイブに運命の人を待っていた。2ヶ月前誘拐犯から救ってくれたボディガードのワースと愛を交わし、その証が彼女のなかに宿ったことを告げる最高のプレゼントを持って。しかし、いくらまてど、ワースは姿を見せなかった。愛されていると思っていたのに…。フェイスは絶望を感じて彼女は彼の名前をささやいた。

えっと「狼たちの休息ⅩⅥ」とあるので、シリーズの1作なのですね。私はなにげにこの作家さんの作品は初読みで、このシリーズの名前は聞いたことがありました。(しまった、昨日いった古本屋にこのシリーズの本があったわ…明日纏め買いよ)
ボディガードもの、サスペンスな事件がらみという作品は結構好きなハーレクインのジャンルで、読み始めて一気に読んでしまいました。助けにきてくれた男性に恋をしてしまうフェイス。バージンのまま死にたくないと彼に愛してほしいというフェイス。いまなら「つりばし恋愛」ということもよくわかりますが、願いを叶えたワースがその後でフェイスに恋に落ちているという話。しかし、自分が彼女に相応しくないと思って事故で待ち合わせにいけなかった理由があるのに弁明せずフェードアウト。ハーレクインの男性の自分勝手な理屈の典型ですよね。
しかし、それによって再び起こった事件で自らの命を削る思いで彼女を支えることになるワース。もう十分彼のほうが彼女無しでは生きていけなくなってるじゃないのと思いつつラストまで読み終えました。
私がお気に入りはフェイスの親友ジョディ。彼女が私の言いたいことをずばずばワースに言ってくれるのが気持ちよかった(笑)
ちょっと残念だったのは「グリーンヴィルの殺人鬼」の顛末が思っていたよりもあっさりとしてて、もっと捻りがあってもなあと思ってしまったことでした。まあ…いままで捻りがありすぎるサスペンスもどきを読みすぎてて自分の予測が外れたから残念というだけのことであったりして…。

では、これにつづく「イブの憂鬱」はまた明日。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
前の5件 | - 小説(ハーレクイン) ブログトップ