So-net無料ブログ作成
検索選択
小説(電撃) ブログトップ

燃える星の宿命―小説 央華封神 1 [小説(電撃)]

 【中古】ライトノベル(文庫) 小説 央華封神(1) 燃える星の宿命(さだめ) / 友野詳

燃える星の宿命―小説 央華封神 1 (電撃文庫)
友野詳

ここは「央華」。我々の住む世界とは別の場所、別の時間に存在する異世界である。「西遊記」や「封神演義」に描かれる古代中国とよく似たこの世界には、不老不死の肉体をもち、不可思議な術を使って善行をなす仙人や、悪業の限りを尽くして人々を苦しめる妖怪どもが存在する。この魔可不思議な世界に、現代の日本から一人の少女が迷い込んだ。彼女の名前は来星晶(央華ではらいせいしょうと呼ばれる)。仙人に拾われた少女はもとの世界に戻るため仙術の修業を始めるが…。異境にくりひろげられる驚天動地奇想天外の大冒険。(セブンアンドワイの書籍説明より引用)

読んだのはもう随分昔のことなので、あまり詳しくは覚えてなかったりするんですが、世界観と仙術を使う仙人、そんな世界に行ってしまった少女に起こる数々の事件と取り巻く人たちとの友情や絆という物語。元気いっぱいの主人公が素直過ぎて傷つけられたり、それをのり越えて強くなって行くという所は、世界は変わっても全く現代ものとテーマは一緒。挿絵も可愛くて、それぞれがつかう戦術や武器がかっこよすぎでしたよ。
友野さんの作品は「コクーンシリーズ」から読み始めたんですが、この世界もTRPGのものなんでしょうか?そんなことも知らずに読んでいたんですが(笑)
この作品、ラジオドラマにもなってました。星晶の役は金月真美さんでしたよね。

↓こんなのもでてました。
央華封神RPG ロールプレイング・ゲーム icon
iconicon
タグ:友野詳
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
小説(電撃) ブログトップ