So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
コミック(ハーレクイン) ブログトップ
前の5件 | -

異国から来たナイト(情熱の国の人1) [コミック(ハーレクイン)]

異国から来たナイト―情熱の国の人1 (HQ comics キ 3-7 情熱の国の人 1)
異国から来たナイト―情熱の国の人1 (HQ comics キ 3-7 情熱の国の人 1)
岸本景子/ジェイン・ポーター

「借金50万ドルを今月中に支払えですって!?」デイジーの牧場に取り立てにやって来たのは圧倒するオーラと金色の炎が燃えるような情熱的な瞳をもつダンテ・ガルバン伯爵。世間には秘密にしているが、デイジーの父はアルツハイマーを患っている。そこをつけいられ、伯爵家と不当な契約を結んでしまったのだ。なんて卑怯な掠奪者なの…! デイジーの愛馬を要求する彼の無慈悲な申し出を受けるが、またしても父のせいで二重契約となってしまったことに気がつき…!?

過去の火事が自作自演で大金をせしめたと思われているデイジーの牧場。実際は火の車で火災保険に入れていなかったという事実を誤解され世間から孤立している。借金の取り立てでやってきたダンテとデイジーは一目でお互いに何かを感じあうが、その立場上親しくできるはずもない。しかし、ダンテは彼女のことを知れば知るほど自分と同じ物を感じて守りたくなっていく。
強硬な手口で敵を多く作った父の後を継いだダンテ。自分にはなかった暖かな家庭や愛情あふれる家族の絆をデイジーの家族にみて、彼女を守ってあげることが父とは違うなりたい自分のすべきことと思ったんでしょうね。そして、自分や妹に対して愛情を注いでくれる彼女の存在が、かけがえのないものになっていく。自分は幸せになってはいけないと思っている二人。それが間違いだと最初に気が付くのはデイジー。彼女の愛情が彼を縛っていた家族を作ってはいけないという呪縛を打ち壊したんですね。
長男長女の受難といいますか…家族に振り回され自己を犠牲にしがちな二人だったからお互いがよく見えたんでしょうね…ほんと、一番分かり合える人が見つかってよかったなとおもいました。
岸本さんの絵とても好きなんです。ヒロインは線が細いのに凛としているし、ヒーローの憂い顔がとても素敵です。岸本さんは私にとって作家買いの一人なので、これからも見つけたらつい手に入れてしまう本だと思います。
それにしても、これシリーズで妹のゾーイの話があるんですよね。見かけたことなくって探しているんですが、もう時間たってしまってるので手に入らない気がしてきましたが探します。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

踏みにじられた初恋 [コミック(ハーレクイン)]

踏みにじられた初恋 (ハーレクインコミックス)
踏みにじられた初恋 (ハーレクインコミックス)
和澄ふさこ/スーザン・スティーヴンス

由緒ある館の相続人、ヒースが13年ぶりに故郷に帰ってきた。館の使用人の娘だったブロンテは、彼を待ち受けていた。ロンドンで成功したヒースは、荒れ果てた館を相続したものの売却を考えている…そんな噂を聞き、館を売らないよう懇願したかったのだ。ブロンテにとってヒースは初恋の人であり、館はふたりがともに勉強した思い出の場所だから。だが彼の態度は頑なで、冷たかった。ふたりの間に走る火花のような情熱の高ぶりさえも気づかぬふりをして…。

幼馴染ものなんだけど、紆余曲折合ったヒーローとヒロインの2人。恵まれなかった環境のために荒れた少年時代のヒースを救ったのはブロンテの伯父だった。ヒーバーズ・ギルという片田舎で更正をする生活。家政婦の娘ブロンテとすごし、読み書きを習い、地元の不良たちと喧嘩の日日。そして少年院へいき更正した彼は会社を興して社長になった。伯父が亡くなった後遺産として引き継いだのはあの更正の場所となった田舎の家だった。その家を売却しようとしているとしったブロンテが彼を待ち構えていた。
過去のことは過去のこととして忘れたいとして、それでも自分を更正させてくれて今の成功をおさめた人生をつかめたのは伯父のおかげだとわかっている。そして、その全ての場所にブロンテとの思い出があるくせに彼女を突き放そうとする。どこかで成長しきれないものがあって、過去に触れるのが嫌なのかなという感じ。一度も兄と思ったことはないという言葉でブロンテへの思いを自覚させられ、過去も今も自分の心が求めているものが変わらないということが解ったってことなのかなあ。
舞台が都会じゃなくて田舎の農場だったというところが、穏やかでゆっくりとした時間の流れがあって昔話が出来て…羨ましいシーンが一杯ありました。
和澄さんの作品を読むのはこれが初めてでした。あとがきにあるように、この作品は和澄さんの遺作となりました。訃報は当時衝撃的で、ハレ友さんたちがたくさん情報を流してくれていて知りました。亡くなられた当時が2015年。本が出版されたのが2016年。描きかけになった原稿をこうして書籍にしてだすのに尽力された方々に感謝をしたいとおもいます。
とても心に残る作品になりました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

億万長者とかりそめの愛を [コミック(ハーレクイン)]

億万長者とかりそめの愛を (HQ comics ハ 12-1)
億万長者とかりそめの愛を (HQ comics ハ 12-1)
原田万木子/アニー・ウエスト

オーストラリア一の実業家ドナート・サラザールと結婚しろですって!? 横暴な父の命令にエラは愕然とした。破産寸前の父は娘とドナートを結婚させ資金援助を受けるつもりらしい。美人の姉が逃げたため、妹のエラを身代わりにしようというのだ。地味な私が億万長者に相手にされるわけないのに。ところがドナートは会うなりエラとの結婚を望み、きみのすべてが欲しいと告げてきた! いったい何を考えているの? 驚き戸惑うエラだが、彼の思いがけない過去を知り…?

ああ…ダメな親に食い物にされる娘の話かあ…。何度となくこういう話読んできましたけど、金持ちにのし上がるにはそれ相応の人の道にならずことをしていることがあります。うん、現実世界でも実際あるね…うん、あるね。
エラは大嫌いな父親から金銭的なことのために結婚を取り付けろと言われていた。逃げた美しい姉の代わりに、でも、本当は弟のお金を食い物にしている父親から弟を守るために。相手のドナートはなんの利にもならないのにエラとの結婚を了承しようとする。当然彼女は否定するが、その時に政略結婚が目的ではなくエラだから欲しいと思ったと言われて心が揺れる。ドナートに惹かれていきながら、彼の過去を知るうちに心を許しあえるようになっていく。しかし、彼には全てが伏線になる大きな復讐をたくらんでいたのだった。
どこまで悪党なんだエラの父親。まあ、ハーレクインにはこの手の下衆親多いので、驚きはしませんけどね。エラが父親から独立して、さらに弟や姉を気遣うところって、ドナートの中で自分を大切にしてくれた大切だった母親と重なるものがあったんではないかなと思います。だから、彼女をそばに妻にしたいと思ったんではないですかね。彼がなんどとなく感情を動かしたシーンて、そういう部分だった気がします。
原田さん、もういくつか読んでるのですが過去の既読はヒストリカルだったかなあ。今回のヒーローはお顔にキズ有ですがクールなイケメン。でも、傲慢ヒーローというわけではなかった。原田さんの絵にとても似合っていたと思います。選んでいるわけじゃないんですが、原田さんヒーロー私のとこに来るのはこういうヒーローが多いな(笑)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

愛に目覚めた億万長者 [コミック(ハーレクイン)]

愛に目覚めた億万長者 (ハーレクインコミックス)
愛に目覚めた億万長者 (ハーレクインコミックス)
伊藤悶/ジュリア・ジェイムズ

あの過去があるかぎり、わたしは恋をしない。できるわけがない。モデル事務所で働くセレステは男性を遠ざけて暮らしてきた。しかし、パーティーでラファエルと出会って星の話をしたとき初めて、心が揺れるのを感じた。セレブの彼は通りすがりの私なんてすぐに忘れるわ。しかし、帰ると部屋は一面の花束で埋めつくされていた。遠ざからなければ。そう思って出かけたバカンス先にも彼は現れ、魅力的な笑顔で甘くささやいてくる。お願い、わたしの心をこじ開けないで…。

結構衝撃的なお話でした。ハーレクインにはそういう過去を、現実に今生きている女性もたくさんでてきますが、原作では出会っていてもコミックで読んだのにそう数はありません。セレステが過去の心の傷として抱えて生きてきたものは、何も知らない他人から見ればただ強欲ゆえの汚点に見えますが、本当のことを知ればどれほどの決意と心が壊れても成し遂げようとしたのかという高潔ささえ感じられるものです。実際、その心を蝕むほど事実は彼女を汚染してしまいました。そして未来を隠してしまったのです。そんな時に現れた彼女を見初めたラファエルは、自身の苦労もあって彼女を理解してくれるにふさわしい人でした。ただ、彼の心を知れば知るほど、セレステはかたくなになりました。自身の過去と向き合うことを止めてしまったからです。それでもゆっくりとゆっくりと、彼は待ってくれました。彼女が心を開いて未来を望む日を。お話はかなり厳しいところもありますけど、最終的には二人が結ばれるシーンで泣けましたね。
伊藤さんの心理描写はとても好きで、そのせいで作家買いをするひとりです。この本は買いそびれていてお友達に譲ってもらったんですが手に入れられてよかったです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ローズの屋根裏部屋 [コミック(ハーレクイン)]

ローズの屋根裏部屋 (ハーレクインコミックス・キララ)
ローズの屋根裏部屋 (ハーレクインコミックス・キララ)
津谷さとみ/ヘザー・アリソン

いつか私も…そう夢みる高級レンタルブティックを経営するローズは衝撃的な出会いをしてしまった。戻ってきたウディングドレスにまぎれこんだスケジュール帳を届けるため、有名広告代理店に出向いたが、そこには理想の王子様が! 彼の名はダンカン・バーク。彼を見た瞬間心を奪われたローズは方針を変えた。彼が求めるのはデキる女。ローズはジーンズにかかとの無い靴を履く姿から、髪を染め、魅力的な女性に変身し、彼の予定を先回りして現れることに!?

久しぶりに津谷さんの作品読んだんですが、やっぱりヒロインは可愛いしヒーローはかっこいいなあ…。
いやあ…ですが、なんでしょうこのテンションの上がらなさ(笑)このヒロインの前向きすぎる王子様ゲットするぜ的な肉食度合いのノリになかなかついていけませんでした。嘘ついて近づくってところがなあ…もう共感できない。ミエ貼らずに何とかできなかったのかというより、ちゃんと自分の仕事に自信持って近づいてもよかった気がするんですけど…って部分が個人的には減点。
結果的にはヒーローが上流階級の人間にしてはできた人だったというのが救いになったんですが、これほんとに一か八かの…ねえ…?って言うのがどうにもぬぐえない。
津谷さんの可愛いヒロインだから余計にこの前向きさが裏目に出ちゃった気もする。
時間置いてもう一度読んでみようかなあと思っています。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック
前の5件 | - コミック(ハーレクイン) ブログトップ